不動産査定をネットで一括査定

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

不動産査定を合理的に査定

不動産査定を如何にして進めて、如何にして高く売るかを考えた時、真っ先に思い浮かぶ合理的な方法はネットを駆使した売却方法です。そしてこれが昨今話題のネットを使った不動産査定の一括査定です。この一括査定は売買様態として媒介方式となり、ネットを使って不動産がいくらくらいで売れるのかを知る為に複数の不動産会社へ査定依頼をします。そしてその査定依頼を受けた不動産会社は売主に対していくらで買いますといった通知を行い、売主は最も高額査定額をつけた不動産会社媒介契約を結びます。そして不動産会社がその不動産を買ってくれる先を探し、購入希望先が見つかり次第売買契約となり、その売買締結時に売買代金の他に場買手数料を一緒に不動産会社に対して支払うというのが一通りの流になっています。この不動産一括査定の大きなメリットとして一度に複数の不動産会社に対して査定依頼をする事ができるという事が挙げられます。通常不動産査定を依頼する場合は一か所一か所の不動産会社を回って査定依頼をする必要があるわけですが、この場合ネットを使いいくつかの不動産会社に売りたい不動産の所在地や物件の大きさや築年数といったいくつかの条件を提示し、不動産会社はそれらを総合的に判断した上で査定額を算出します。この方法を使うことで無駄な時間と労力が短縮され、合理的に売買を進めることが出来る為昨今人気の売買形態となっています。

一時的な相場情報を知る手段

不動産価格というのは生ものですから、常に売買価格は変動していますし、いつも同じ買取価格とも限りません。景況によってもニーズによっても売買の価格は変動します。従って今現時点での売りたい不動産の評価額が果たしてどれくらいなのかを手っ取り早く知る手段としてネットを使った一括査定があります。どうしも不動産査定をしようとした時、知らない人はその物件の売りだし価格の基準となる物件を知る事なく、一方的に売りだし価格を設定し売ろうとしますが、それだと売りたいばかりで買いたい人達の事を考えない売買となってしまいますので、まずは売りだし価格をいくらにするかという意味においても、不動産査定の評価基準となる査定相場を知っておくべきでしょう。その為にもネットの不動産一括査定は手っ取り早い不動産相場を知るには好都合なツールなのです。地方都市ならまだしも、都心の比較的人の出入りの激しい物件や大きな駅のあるエリア周辺の物件は不動産価格が頬化の地域と桁が大きく異なりますし、変動幅も場所によっては年間で8%近い変動幅を示す地域もありますので、常に不動産の評価額がいくらくらいなのかといった正確な数字まで行かなくても、大よその概算くらいは知っておきたいものですし、その知る手段としてネットを使った不動産の一括査定があるのです。ネット上の一括査定サイトはいくつかあるものの、評価額においては不動産価格基準をベースに算出していますので、基本的にはどのサイトもおおよそ似たり寄ったりの査定額の傾向にありますが、そこからどの不動産業者に売るかが重要になってきます。

複数の査定業者が査定する意味

不動産の一括査定においてなぜに複数の不動産業者が不動産査定に関わらないといけないのかというと、不動産市場か低迷している時は、概ね不動産査定額も低く見積もられる上、買取希望をする不動産業者も少ないわけですが、これが不動産市場の活況と共に不動産価格の上昇が起きてくると話は変わります。これまでまったく見向きもされなかった不動産が注目されるようになり、また売りだし価格も最初から高価格帯で売りだされます。昨今、外国人投資家が投資目的で購入する不動産、また別荘として購入する国内の不動産が増加している事から、都市部の不動産はもちろん地方都市の不動産市場までが俄か活況を呈してきている状況です。という事は、昨今のような景気浮上局面にあり、また外国人投資家が積極的に国内不動産に投資している状況ですので、まさに不動産査定が大きく変動しつつあり不動産を売るには絶好の機会であると言えます。そこで不動産査定をいくつかの業者に見てもらうメリットが生まれるのです。複数の不動産業者が当該不動産を査定すると、絶対に手に入れたい物件であればそこから競争原理が生まれ、他所より高い価格で手に入れようとします。絶対に欲しい物件であれば査定額も他より高い査定額を提示するのが一般的です。その提示額は不動産取引低迷期の140%から最大で700%近くまで跳ね上がります。特に首都圏のベイエリアを中心とした投資用マンションの上昇率は700%に匹敵するところもあるくらいですので不動産業者間でも奪い合いです。場所によっては今まさに売り時であり絶好の機会なのです。

おススメの不動産査定サイト

もし不動産の一括査定を希望するのであればどこのサイトでもいいといえばそれまでです。基本的に不動産の買取価格というのは、一定の買取相場帯に従い買取していきますので、不動産査定をする為のサイトは基本的にはどこもあまり変化はありません。しかし査定する不動産業者は選びたいものです。聞いたこともない不動産業者よりも聞きなれた耳馴染のある不動産業者が複数査定してくれるサイトの方が安心してその後の媒介契約も結べますし、安心して取引を進めていく事が出来ます。そんな不安ンを見事に払拭してくれる不動産査定の一括サイトが不動産価格ドットネットというサイトです。このサイトは何といっても査定業者である不動産業者これまで実績が多数あるような大手業者ばかりで、たとえば三井のリハウスや住友不動産販売、野村の賃貸や近鉄不動産といった大手不動産会社が軒を連ねておりその数全部で35社にも上ります。このまたこれら35社はどれも宅地やマンションの不動産査定において実績の多い会社であり、経験値も豊富にあるところばかりですのでどこの不動産業者と媒介契約を結んでも公正中立、客観性を重視した査定を行いますのできっと安心して取引することが出来るでしょう。不動産価格ドットネットの良さはこれ以外にも売るタイミングや売れる不動産にする為のポイントを的確にアドバイスしてくれますので、初めて不動産を処分する人にとってみても安心できるポイントなのではないかと思います。

マンションと戸建査定は違う?

マンションは戸建て住宅と異なり売買する際の不動産査定のポイントや、取引様態が異なる場合があります。まずマンションを高く売るのであれば絶対に知っておくべき事として、予め不動産査定を数社で行いある程度の相場帯を掴んでおく事と、査定される内容については詳細に理解を深めておく事などがあります。また査定のプラスとなった個所とマイナスの箇所をしっかりと聞き込んでおき場合によってはリフォームやリノベーションに役立てるようにするのも大事な要素です。さらには売りだし価格は予め学習しておいた周辺の物件相場をベースに買主が納得できる常識的範囲の価格帯で売りだすことや、売った後の物件に対するケア、つまり何か不動産や物件に対して何らかの問題が起きても、真摯に対応する姿勢といった瑕疵担保責任をしっかりと負う覚悟が必要です。また売買方法も一般ン媒介契約にするのか、専任媒介にするのか?または一般専任媒介にするのかといった話もしっかりと不動産業者の担当者と話し込んでおく必要があります。不動産査定で査定額が決まった後に不動産会社と媒介契約を結びますが、何といっても売る側は経験値も少ない素人ですしわからない事は非常にたくさんあります。従って知ったかぶりはせず、わからない事は素直に質問して納得いく取り引きをする事が売主の心構えであり、最終的には円滑な不動産査定と不動産取引につながっていくのです。

PAGE TOP